北町の家


■Text

新たに開発された住宅地。南側が大きく開けた土地に計画された。ほぼ正方形な平面をもつ住居を庭が大きくとれる位置に配置した。1階はリビング、ダイニング、キッチン、玄関を田の字にレイアウトしたうえで、仕切りとなる壁は作らずワンルームとした。リビングとダイニングは対角線上に配置し、あえて室内に距離を設けて広さを演出している。玄関に設けたスケルトン階段は2階バルコニーを介して自然光を1階の中央部分におとす手助けとなっている。さらに多くの光を取り入れるために屋根を切り欠き、2階廊下を格子とした。


■Data

東京都西東京市

個人住宅

木造2階建て

耐震等級3

延床面積86.96㎡

2018年9月竣工

撮影:藤井浩司/Nacasa&Partners


■Press

magazine

書籍「間取りのすごい新常識」 エクスナレッジ 掲載

建築知識 エクスナレッジ 2019年1月号 掲載



■「北町の家」についてのBlog